マイホームを快適な住空間へ!壁面緑化の効果や成功するコツを学ぼう!


植物で覆われた建物は日光の影響を受けにくい

建物の壁を植物で覆う壁面緑化は外観に変化を持たせるための装飾ですが、植物で覆うことによる遮光性の高さが注目されています。日光を遮ることで室温が変化しにくくなり、気温が上昇する夏季でも涼しい状態を保つことができるので便利と言えるでしょう。また、遮光性の高さから建材が日焼けしにくくなり、劣化を軽減できるのも壁面緑化のメリットです。同じ作りの建物でも壁面緑化を施している方が長持ちするとされていますが、これは植物で覆うことによって日光の刺激を受けにくくなったためです。マイホームを長持ちさせるなら壁面緑化を実施するのが得策と言えるでしょう。

壁面緑化の成功は品種選びと育て方へのこだわりが重要

室温の上昇を防ぐことを目的とした壁面緑化を行う場合、夏までに建物の壁を覆うまでに背丈が伸びる品種を選ばなければ意味がありません。また、葉や蔓を多く茂らせることも重要な選択肢になります。そのため、どうしても品種に偏りが生じてしまいますが、単に成長が早いだけでは壁面緑化を成功させるのは難しいと言えるでしょう。日本の多くの地域は温暖湿潤気候ですが、その一方で一日の温度差が極端に大きい点は無視できません。日中は猛暑になる夏季でも夜間は肌寒さを感じるほどに気温が下がることも珍しくないため、品種によっては温度差の影響で枯れてしまう物もあります。壁面緑化用に改良された品種なら簡単に枯れることはありませんが、それでもこまめなお手入れは欠かせません。

発芽からある程度の背丈に伸びるまでは保温シートで苗を囲い、温度変化の影響を受けないように工夫します。また、水や肥料は適量に留めると共に、余分な葉や蔓を取り除くことも大きく育てるための必須条件です。

企業が自社の建物に壁面緑化を行えば、環境に配慮している企業であると周囲から認識されやすくなるので、会社のイメージアップに繋げることが出来ます。