電子タバコはニコチンリキッドもあり!ニコチンを摂取したい方は要チェック!


電子タバコとはどんな製品なのか

欧米を中心に人気を集めていた電子タバコですが、現在は日本でも販売されるようになりました。使い方は至って簡単で、リキッドを取り付けて本体のバッテリーを充電し、電源を入れて使うだけです。使い方はタバコと同じで、電源を入れると加熱されたリキッドから水蒸気もしくは霧状の煙が発生し、それを吸って使います。何故、通常のタバコではなく電子タバコを使う人が増えているかというと、電子タバコはシャグを使わないのでタールなどの物質を気にしなくて良いからです。タバコのような感覚で吸えて、ヤニ汚れが歯についたりしなくて済む、煙が水蒸気なので服にもタバコ臭が残りにくいというメリットがあるので利用者は増えています。

ニコチンリキッドでタバコのような味に

日本で手に入る電子タバコの多くは、ニコチンが含まれていないリキッドを使用します。ただ、個人輸入代行業者を使って海外からニコチン入りのリキッドを取り寄せて使うことが可能です。個人使用の目的でのみ輸入ができ、ニコチンを含むリキッドは吸った時の感覚がタバコに近い味になったりします。通常のタバコを普段からよく吸う方の場合、ニコチンが含まれていないと満足できないという方もいますが、そのような方はニコチン入りのリキッドを使うと良いでしょう。

ちなみに、ニコチン入りのリキッドも、通常の電子タバコと同じように幾つかフレーバーの種類があり、国内で販売されているものとはまた違った味わいのものがあります。ちょっと味を変えて楽しみたいというときにも、海外のリキッドを輸入してもらって使うのも手です。

タバコでおしゃれをしたい!普通じゃつまらない!という方にオススメです。vapeのタバコフレーバーで、色々な味を楽しめます。