利用者が増えている電子タバコの特徴とメリット


ニコチンやタールが少ないのが特徴

タバコは葉っぱを燃焼させて、出てくる煙や蒸気を吸う嗜好品ですが、成分の中にニコチンやタールが含まれています。タールは一般的にヤニと呼ばれ、タバコを吸う人は歯が黄ばむこともあれば、部屋で吸うと壁紙も一緒に黄色くなることがあります。一方、電子タバコはそのようなニコチンやタールが非常に少ないのが特徴です。ニコチンリキッドと呼ばれるものを利用する場合ニコチンは含まれますが、ほとんどニコチンが含まれていないリキッドも販売されています。また、葉っぱを燃やすタバコと電子タバコは違い、リキッドを蒸発させた水蒸気を吸うのでタールが発生しないものもあります。電子タバコだから安全というわけではありませんが、タバコのニコチンやタールが気になる人は電子タバコを使ってみるのも良い方法です。

リキッドで喫味も変更できるのがメリット

電子タバコのメリットはタバコのように、リキッドの銘柄を変更することで喫味を変更できることです。リキッドの種類もフルーツテイストのものや、アロマなど色々と種類があります。ですので、気分によってリキッドを交換して楽しめます。また、リキッドは通常のタバコを吸った時の臭いと比べて、優しいものも多く周囲の人に臭いで迷惑がかかりにくいというのもメリットです。壁に付着したヤニ汚れは、そこからタバコ独特の臭いが発生することも多いですが、電子タバコは水蒸気で、ヤニ汚れも少ないので臭いが付きにくいと言われています。タバコを辞めて禁煙するために利用する使い方もできますので、電子タバコを未経験の方は購入して使ってみましょう。

ニコチンリキッドは通常の煙草と異なりニコチン濃度を自分で調整できます。ニコチンには依存性や急性中毒になる危険性があるため濃度が高くなり過ぎないよう注意してください。