アンティーク家具選びでこだわりたいポイントは?古いものでも長く使うことはできる?


しっかりとした材質が使われているものを探してみよう

アンティーク家具を長持ちさせるためには、長期の経年劣化にも耐えることができるしっかりとした材質のアイテムを選ぶことが重要です。たとえば、湿気や外部からの衝撃に強い木材が使用されている食器棚や本棚、テーブルなどは、アンティーク家具の知識がない人も基本的なお手入れをするだけで長く使い続けることが可能です。一般的に、海外製の一点モノのアンティーク家具は、シンプルなデザインが採用されているものが多く、木材の種類によっては五十年以上も無理なく使い続けることが可能です。なお、アンティーク家具の材質の選び方については、素人にとって悩んでしまうこともあるため、家具に詳しい人にアドバイスを聞いたり、家具店の実店舗へ足を運んだりするのがおすすめです。

デリケートな素材の家具はメンテナンスにこだわろう

デリケートな素材が採用されているアンティーク家具は、素人にとって修理やクリーニングが困難なため、購入先の店舗や家具職人に直接修理を任せることが大事です。特に、百年以上前に製造されたアンティーク家具の中には、既に金属部品の腐食が見られるものや、木材の傷や汚れなどが見られるものもあるため、慎重に購入を決めることがポイントです。アンティーク家具をメインに扱う店舗の中には、購入後のサポートとしてリーズナブルな料金で修理を請け負ったり、一年おきに無料で点検をしたりしているところもあります。その他、アンティーク家具の表面のツヤをキープするには、日ごろから専用のクリーニング液やクロスを使って磨くことも大切です。

住空間に深みが出るアンティーク家具は、英国クラシックから北欧スタイル、フレンチ風まで種類が豊富にあります。